上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_3700090224001.jpg

珍しいポーズのソラタが撮れた。

後ろ足で、耳をかきかき。

今がいちばん寒い北海道。
早く、暖かくならないかな。






今日は、少し愚痴っぽい。


店主や、料理人が変わるとか、
まして、根本的に経営者がかわるとか、

その場合、店の看板は、降ろすべきだと思う。
変えるべきだと思う。
というより、そのままなのは、詐欺に近いと思う。


ここのところずっと休業していた麺料理の店。
ただでさえ、スープが終わるとすぐに閉めてしまうので、
滅多に食べにいくことの出来ない店だったけれど。

ご主人の具合が悪いとか、
もう、店は止めてしまったのだろうとか。
噂は聞いても、確かめてはいなかった。


今晩、帰り道、ふとその店の前を通りかかったところ、
なんと店に明かりが。営業しているじゃないか。

やったーっと思った、すぐ次ぎの瞬間、悪い予感はした。

今まで、こんな時間にやっていたことはない。
もとの通りなわけがない。
あの、ご年配の主人が居るはずがない。


そう思って、店の看板をじっと見つめる。

でも店の名前も、どこも、外からは、変わったところはない。

だから・・・・。もしかしたら・・・・。


淡い期待は見事に裏切られた。
のびた麺と、失敗したみたいに辛い塩味に耐えきれず、
半分以上残してしまった。
予感していたとはいえ、あまりのレベルにショックを受ける。







だから、違うって看板に書いて!
変わったとか、新しい!でもいいから。



チャレンジするかしないか、決めさせて。


間違いなく、今までのお客さんは、
1回行っても、2回は行かないだろう。
だから、まもなく、
あの看板はなくなるのだと思う。

だったら、なんのために。


虚しさが募る。





スポンサーサイト
IMG_3059090219001a.jpg


突然ですが、実家のお転婆娘「チーコ」です。


ピアノの特訓中。









IMG_3488090221301.jpg


今回の長い実家での留守番。

その影響なのか、まだソラタが落ち着かない。

なんだか、まだいろいろ考え込んでいるような気がする。

たぶん、ソラタの気持ちに変化を与えたのは、
チーコだろう。


チーコは頭がいい。
猫歴の長い私の両親が驚くほど。

部屋中の扉をあけるなんて朝飯前。

そのチーコが、ソラタのご飯を度々盗み食いしたのには、
理由があるんだろう。

そして、初めて、ご飯を取られる経験をしたソラタが、
(チーコに怒りの攻撃をしかけるまで、2~3日かかったけれど、
それでも・・・・)怒ってみせたのも、がんばりの一つだっただろう。


結果は。

当然、おっとりソラタが敵うはずがない。


ソラタは、チーコと目を合わせるのを止め、
チーコは、以前よりもっと、ぐりぐりのびっくり目で、
私を大胆に見つめるようになった。


ねえ、ソラタ君、チーコになんて言われたの?
ソラタは、悪くないと思うよ。

こんな私の慰めにソラタは耳をかさない。

マミは、いざという時、
頼りにならないからさ。


でも、帰ってきてから、少しだけ、
食事に興味が出て来たソラタ君。

そうだよ、ちゃんと食べなくちゃね。







IMG_3285090221201.jpg



約10日ぶりの帰宅。

なんとか、グリーン達も元気を回復しそう。








今まで、ソラタと3日以上離れて過ごしたことはなかった。

親ばかだけれど、猫にしては寂しがるソラタ。
私がいないと探したり、帰ってきた時には、喜んでくれたり。

でも、私がいないと体調を壊したり、拗ねたり、
心配も倍。

今回、この長い留守番をソラタがどう思うのか。

体調を崩しはしないかと、
もう、心配で心配で。


でも、過ぎてみれば、あっと言う間で。




さて、再会の日。

私の顔を見て、呆然。
緊張で青い顔をしてるソラタ。

動けない。

お鼻はピンク色なのに、
耳は、氷のように冷たくしている。

さぞ、喜んでくれると思えば・・・・。
どうしていいか分からなくなっちゃったみたい。


それとも、本当にびっくりしてたのかしら。
私がもう戻って来ないと思ってたのかしら。




本当にごめんね。





IMG_2947090209001.jpg





IMG_2987090209001.jpg






ピエトロ・ロマネンゴのシュガーボンボン。



もったいなくて、食べきれない。

撮影も、何度もしてみた。


そこにあるだけで、幸せになれそうな気がする。










IMG_1379090123001.jpg




札幌、コートドールの焼き菓子セット。



うまうま、齧りつきながら撮影。


IMG_2280090131201.jpg






IMG_7341080727001.jpg


ローズチョコレート。

本当のバラの花びらが入っている。


これも、岩見沢のスイーツ。
入っている花びらも、そこで咲いたもの。

岩見沢は、バラの街。
とても広いローズガーデンもある。


花が咲いたころ、また行きたい。


IMG080727_0212.jpg





IMG_2234090131201.jpg


IMG_2242090131201.jpg


北海道、岩見沢のお菓子屋さん「赤いリボン」の、
バラのマドレーヌ。



ウイリアムソノマなんかにある、バラのケーキ型。
作りもしないのに、買おうとしたことが、
以前あったような。


このマドレーヌは、
ラズベリー・ブルーベリー・オレンジ・マンゴー
4種類の味。



IMG_1916090129001.jpg










ジャケ買いしたスイーツ。

いつも、必ず撮影はするのだけど、
なんとなく、記事にする機会もなく貯め込んでいたので、
バレンタインまで、スイーツ特集。



IMG_2147090131101.jpg



モロゾフのロブソワール。




IMG_2330090131201.jpg


バラのフォルムがちょっといい。

何種類かあるパッケージについたシルバーの飾り。
もちろん、猫をセレクト。






IMG_2121090131101.jpg






今日から、しばらく予約投稿です。


IMG_1965090129001.jpg


新しい、ソープ。

ソラタの毛並みに色が似ている、
薔薇の香り。






今日から1週間ほど、ソラタには、
実家でお留守番してもらうことにした。

一生懸命、理由を話したけれど、
ちゃんと、わかったかなあ。


IMG_9152081220101.jpg


今日、ソラタの友達が虹の橋へ。

フクロモモンガのぴょんちょ。





pyonco2.jpg


ぴょんちょは、その小さい体で考えられないほど、
長い時間、病気と戦い、がんばった。

ソラタとぴょんちょは、一度しか会ったことがない。
でも私の友達の友達ぴょんちょは、ソラタの友達だ。



ソラタと一緒に、今日は静かに冥福を祈りたい。






IMG_2629090202001.jpg

ポトスと南天。




IMG_2691090202001.jpg

ゆったりのんびりだね、ソラタ君。



あまりに忙しいのに慣れると、頭も体も、
のんびりする方法を忘れてしまうような気がする。





IMG_2339090131301.jpg



昨日は、ソラタと実家に帰った。

なんだか最近、少しだけ好意的な実家の猫達。

ソラタもおずおずと交流を試みる。

仲良しになるには、まだまだかかりそうだ。



そして、今日はもうひとつ、
時間もあったので、実家の近くにある獣医さんへ健康診断。

健康診断だから、たまに違う先生に見てもらうのも、
良いのではないかと思った。


いざ、病院へ。ないこと、バスに乗って移動した。

普段滅多に乗らないバスだけど、
何を恐れることがあるものか。
実家とはいえ、札幌市内。知らない町ではない。

ところが、ちゃんと調べず乗ってしまった私は、
目的地とは別の方角へ連れられてしまった。

しかも、猛吹雪の中、
タクシーなんて絶対に通らない住宅地の真ん中で、
降りざるおえなくなってしまった。


悪いことは重なるもので、携帯を忘れた。

私は、7キロのソラタを抱えて途方にくれた。

ソラタのキャリーは、吹き付ける雪で、
あっという間に真っ白に。


このままじゃ、健康診断のための道のりが、
風邪引きへまっしぐらだ。



慣れないことはすべきじゃない。
する時は、慎重に。

泣きそうになりながら、すぐに忘れる反省をした。

遭難した私とソラタ。
それはたった10分程度で、
戻るバスはすぐにやってきたけれど、
何かを感じていたのか、寒かったのか、
声も出さずじっと耐えていたソラタ。

ごめんね。
せっかくがんばってたどり着いた先が病院じゃ、
ソラタ、がっかりだね。

でも、健康診断は、問題なし。
良かったね。

帰りは、迷うことなくタクシー帰宅。



それから、札幌は今日1日猛吹雪。

私が慣れないことをしたせいだ!って、
絶対誰かに言われそうなほどの、吹雪。

ああ、ごめんなさい。











| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。