上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG081116_0001.jpg


毎年お茶の店から出るクリスマスパッケージ。

今年は、黒猫のイラストだった。


IMG081109_0201.jpg





スポンサーサイト
a03IMG_7456.jpg


おまけ更新。
(金曜の夜更かしの穴埋め更新。)


猫コレクション、その2。トランプ。


トランプには、不思議な魅力がある。
トランプ展をやっていると、ついつい行ってしまう。

やはり、猫のカードが欲しい。
でも、気に入ったカードに出会う事は少ない。

アンティークは、びっくりするほど高いし、
おまけに封を切ったらトランプの価値はないので、
全部のカードを購入前に確認できなかったりするので、
買う時には中身を想像するしかなく、
そして、見ないで買ったカードにがっかりした過去の経験が、
私の強い衝動買いにブレーキをかけるので、
コレクションは増えない。


これは、イタリアのトランプ。
トランプ発祥の国。
ずいぶん前に買った数少ない猫カードのひとつ。


厚紙を折ってつくられた、
おしゃれなカードの箱も気に入っている。








2008年、最初の猫コレクション。

いろいろな猫が描かれた手ぬぐい。
食器を中心においている、
札幌の青玄洞という店で買った。







皿にのっていたモノを食べたのは、
けっして、ソラタではない。






バリでは、猫は神の使い。
猫の置物は、たくさんある。

ふと、気づいたけれど、バリの猫は家族が多い。

何気なく買った私の猫コレクションにも、3タイプもある。

日本にも招きを筆頭に猫の置物、絵画はたくさんあるけれど、
親子で作られたり、描かれたりしてるものは少ないように思う。

日本の猫は、孤高の存在だ。

実際、日本の猫は徒党もくまないし、親子の睦まじさも想像されない。

実家にいた3匹の猫も微妙な関係を常に保っていた。

バリの猫社会では、オスも子育て当然?

猫社会もお国柄があるのかしらね。






中国展で買った猫。
アップでみたら、赤塚不二夫の漫画みたいな顔だ。

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。